井上颯太(丹生)

玉村2世との呼び声

丹生(福井)
井上 颯太(いのうえ そうた)
投手/170センチ70キロ/左投左打
【こんな選手】
全身をくまなく使って、ダイナミックにスバッ。その投げっぷりが同校OBの玉村昇悟(広島)を彷彿させることから、玉村2世との呼び声も。21世紀枠で初出場したセンバツでは、広島商に大量失点を許して大敗するも、直後の春季県大会では背番号10ながら北信越大会ベスト8。這い上がってきた勝負根性は大したものだ。ミート力抜群の打撃も魅力。

高校野球界の監督がここまで明かす! 投球技術の極意 [ 大利実 ]

【中学時代】
出身チーム:鯖江市鯖江中学野球部(軟式)
主な実績:地元では中学時代から評判の左腕で、キレ抜群のストレートで押しまくっていた。

【1年春】
福井大会(1回戦)
:1年生ながら背番号13でベンチ入り。
【1年夏】
福井大会(2回戦)
:1年生ながら全2試合に登板し、打席でも3番打者として7打数5安打。
【投球】
対戦相手  登板 回数 安 振 球 点 責
工大福井  先発      5   8   4   5   6  5
福井高専  途中      5   7   6   3   4  3
【打席】
対戦相手   打 安 本 点 球 犠
工大福井    3  1   0   0   0  0[3・投、中]
福井高専    4  4   0   4   1  0[3・中、投]

【1年秋】
福井県大会(ベスト4):全5試合に登板し、完投3。準々決勝の金津戦では息詰まる投手戦を制し、1失点完投でベスト4進出を決めた。
回数 安 振 球 点 責 率
37.2  31 37   21   19  8 1.91
【2年春】
甲子園(1回戦):21世紀枠として選出されて、同校初の甲子園出場。1回戦の広島商戦、初回に四死球4を与えるなど、本来の投球が発揮できず、初戦敗退。
【投球】
対戦相手 登板 回数 安 振 球 点 責
広島商  先発   2.2   7   2   9 13 13
【打席】
対戦相手 打 安 二 三 本 点 球 犠
広島商    4  1   1   0   0   1  0  0[2・投、中、一、投]
福井県大会(ベスト4):背番号10。2回戦の福井商戦では完投こそしなかったものの、終盤まで1失点で抑え、延長戦を制した。準々決勝の敦賀戦で2失点完投勝利をあげ、14年ぶりの北信越大会出場を決める。
北信越大会(ベスト4):1回戦の東京学館新潟戦で投げては1失点完投(8回コールド)、打っては三塁打×2本と投打にわたり活躍する。準々決勝の上田西戦は一塁手として出場する。
【投球】
対戦相手 登板 回数 安 振 球 点 責
東京学館 先発   8   3   7   3   1  1
【打席】
対戦相手 打 安 二 三 本 点 球 犠
上田西    3  1   0   0   0   1  0  0[3・一]
東京学館   3  2   0   2   0   2  0  1[5・投]

【最速140キロ】
1年秋の福井県大会で140キロをマークした。
【変化球】
スライダー、カットボール、チェンジアップ
【その他】
50メートル走6秒5、遠投99メートル

「次の一球は?」野球脳を鍛える配球問題集 投手編 [ 川村卓 ]

関連記事

  1. マーガード真偉輝キアン(星稜)

  2. 田中晴也(日本文理)

  3. 山田渓太(大垣日大)

  4. 野上龍哉(大分舞鶴)

  5. 佐々木麟太郎(花巻東)

  6. 前田悠伍(大阪桐蔭)