モイセエフ・ニキータ

対応力抜群の打撃がキラリ

豊川(愛知)
モイセエフ ニキータ(もいせえふ にきーた)
外野手/180センチ82キロ/左投左打
【こんな選手】
相手バッテリーが「どこに投げればいいんだ…」というほどの穴のない打撃が最大の魅力。2年秋の東海大会では全4試合でマルチ安打をマーク、本塁打を含む16打数10安打と打ちまくった。あまりの打ちっぷりに決勝の愛工大名電戦では三塁手が左翼手を守るなど、外野手4人というシフトまで組まれたほどだ。センターから伸び上がるような猛送球、脚力など多彩な武器を持つ。両親はロシア人で、自身もロシア語と日本語が話せる。

創り人 高校野球もうひとつの夏の物語 (日刊スポーツ・高校野球ノンフィクション) [ 矢崎良一 ]

【中学時代】
出身チーム:愛知衣浦リトルシニア、出身中学は阿久比町立阿久比中学
主な実績:全国大会出場こそないが、2021年(中学3年時)、5月開催の令和3年度愛知県知事旗争奪東海連盟春季大会では準優勝。ベストナインにも選出されている。投手兼外野手。

【高校通算本塁打
14本:2年秋の明治神宮野球大会準決勝の星稜戦で初回に内角高めのストレートを強振し、右翼スタンドへ放り込んだ。
【その他】
50メートル走6秒2、遠投100メートル

柳田悠岐 (新スポーツスーパースター伝 2) [ ベースボール・マガジン社 ]

関連記事

  1. 今朝丸裕喜(報徳学園)

  2. 小川哲平(作新学院)

  3. 石見颯真(愛工大名電)

  4. 武田勇哉(常総学院)

  5. 佐宗翼(星稜)

  6. 野球場

    中村帆高(宇治山田商)