高尾響(広陵)

ゲームメイク能力が高い野村祐輔二世

広陵(広島)
高尾 響(たかお ひびき)
投手/172センチ73キロ/右投右打
【こんな選手】
ここぞの場面でシュルシュルシュルと音を立てるような剛球が構えたミットにバシッと決まる。安定感だけでなく、メリハリの効いた投球でもゲームを支配できる。球のキレや制球力の高さ、投げっぷりから同校OBの野村祐輔二世との呼び声も。高校1年春の中国大会では1年生ながら背番号1をつけて2試合に登板するなど、マウンド経験が豊富。2年春のセンバツでは準決勝進出も優勝した山梨学院に敗れる。

広陵高校野球部 一人一役全員野球 (B.B.MOOK 高校野球名門校シリーズ 19)

【中学時代】
出身チーム:飯塚ボーイズ、出身中学は粕屋町立粕屋東中
主な実績:2021年(中学3年時)、8月開催の第52回日本少年野球選手権大会出場(2回戦)。当時のチームメイトには西尾海純(長崎日大)らがいた。

【最速147キロ】
152キロ:2年夏、広島大会2回戦の大竹戦で152キロと球場表示されるも、本人曰く「誤作動では?」。
147キロ:新2年生にあたる21年3月、練習試合解禁直後の練習試合(倉敷工戦)で自己最速を2キロ更新する。
【変化球】
カーブ、縦スライダー、カットボール、スプリット
【その他】
50メートル走6秒3、遠投115メートル

広陵・中井哲之のセオリー 一人一役全員主役で正しく勝つ法則80 [ 田尻 賢誉 ]

関連記事

  1. 福島貫太(倉敷工)

  2. 佐宗翼(星稜)

  3. 今朝丸裕喜(報徳学園)

  4. 洗平比呂(八戸学院光星)

  5. 桜田朔(青森山田)

  6. 箱山遥人(健大高崎)