中崎琉生(京都国際)

安定感抜群の好左腕

京都国際(京都)
中崎 琉生(なかさき るい)
投手/176センチ74キロ/左投左打
【こんな選手】
同校OBの森下瑠大(横浜DeNAベイスターズ)を彷彿させる好左腕。スリークオータ―気味の腕振りから構えたミットにズバッ、ズバッ。じつに爽快なピッチングだ。鋭い指先感覚も出色でスライダーなど多彩な変化球がキレまくる。2年秋は公式戦8試合に登板し、近畿大会準々決勝の近江戦で無四球完封するなど、防御率0.73と抜群の安定感をみせた。

僕たちの高校野球 現役プロ9人の青春ストーリー [ ベースボール・マガジン社 ]

【中学時代】
出身チーム:関メディベースボール学院中等部(当時はヤングリーグ、2023年4月からポニーリーグ)、出身中学は西宮市立瓦木中学(兵庫県)
主な実績:中学2年時、2020年12月に開催された第16回タイガースカップ2020中学生硬式野球・関西No.1決定戦でベスト8など。

【最速143キロ】
143キロ:高校2年秋の時点。
【変化球】
カーブ、スライダー、カットボール、チェンジアップ、ツーシームなど
【その他】
50メートル走6秒4、遠投95メートル

「甲子園」の眺め方 歴史としての高校野球 [ 白川哲夫 ]

関連記事

  1. 佐宗翼(星稜)

  2. 戸井零士(天理)

  3. 野球場

    堺暖貴(別海)

  4. 武田勇哉(常総学院)

  5. 古川温生(金光大阪)

  6. モイセエフ・ニキータ