吉岡暖(阿南光)

アグリあなんスタジアム

光のまちの大エース

阿南光(徳島)
吉岡 暖(よしおか はる)
投手/182センチ78キロ/右投右打
【こんな選手】
完成度が高く、ピンチでギアを上げる投球は必見。強靭なバネを効かせたストレートが際立つが、スライダー、カットボールなどの変化球でも打者を料理できる。2年秋の四国大会で4試合36回を投げ抜いたようにスタミナも抜群だ。高校では1年夏のベンチ入り。同年秋からエースとして活躍し、2年春には徳島大会を制した。同年秋は徳島大会準決勝の鳴門戦でサヨナラ負けも3位決定戦で四国大会出場を決めた。その四国大会では鳴門にリベンジするなど、準優勝に貢献。前身の新野以来32年ぶりのセンバツに当確ランプを灯した。高校の2つ先輩に森山暁生(2021年ドラフト中日3位)がいる。

消えた甲子園 2020高校野球 僕らの夏 [ 朝日放送テレビ「2020高校野球 僕らの夏」取材班 ]

【中学時代】
出身チーム:徳島阿南シティホープ(ヤングリーグ)、出身中学は阿南市立阿南中学
主な実績:2021年、中学3年時にグランドチャンピオン大会(ヤングリーグの全国大会)で優勝。投手として投げるだけでなく、準決勝の兵庫加古川ヤング戦では本塁打を放っている。

【最速146キロ】
146キロ:高校2年秋の終了時点
【変化球】
カーブ、スライダー、フォーク、ツーシームなど
【その他】
50メートル走6秒2、遠投100メートル

川上憲伸 ドラゴンズの星、憲伸の素顔 (別冊トップランナー) [ 日本放送協会 ]

関連記事

  1. 冨田遼弥(鳴門)

  2. 中野光琉(創志学園)

  3. 久留米市野球場

    佐藤翔斗(東海大福岡)

  4. 高橋友(高知)

  5. 坂井遼(関東第一)

  6. 颯佐心汰(中央学院)