瀬谷大夢(二松学舎大付)

大技小技で魅せる逸材外野手

二松学舎大付(東京)
瀬谷 大夢(せや ひろむ)
外野手/175センチ80キロ/右投左打
【こんな選手】
ガツーンとチームに流れを引き寄せるハードパンチに驚いていたら、次は意表を突くセーフティーバントで瞬く間に一塁へ到達。スピード感あふれる走塁も大きな魅力だ。大技小技でスタンドを沸かせられる万能型の4番打者だ。

日本で最も熱い夏 半世紀の時を超え、二松学舎悲願の甲子園へ [ 松永多佳倫 ]

【中学時代】
出身チーム:友部リトルシニア
主な成績:中学3年の8月、リポビタンカップ第47回日本リトルシニア日本選手権大会出場(1回戦敗退)など。

【1年秋】
東京都大会(ベスト4
:3回戦の佼成学園で2点本塁打をマークするなど、全5試合、17打数6安打、本塁打1、二塁打1、打点5、盗塁3。1年生ながら3番中堅手として存在感を示した。
【2年春】

東京都大会(ベスト4)
:準決勝の日大三戦で2番打者。その他の試合は3番打者(中堅手)として活躍する。
【2年夏】
東東京大会(優勝)
:背番号17。3番中堅手として出場し、準決勝の帝京戦では決勝の2点二塁打をマークするなど、全6試合、15打数3安打、二塁打1、打点2、三振2、四死球4、犠打4、盗塁3、失策0。
甲子園(3回戦):背番号17。2回戦(初戦)の西日本短大付戦で3番中堅手として出場し、4打数0安打。
3回戦の京都国際戦でも3番中堅手として出場し、4打数0安打。
【2年秋】
東京都大会(準優勝):背番号17。全6試合で4番中堅手として先発出場し、19打数12安打、本塁打2、打点11。1回戦の錦城戦で満塁本塁打を含む4安打を放つなど、6試合中4試合でマルチ安打をマークした。
※予選を含むと秋の公式戦、全8試合、24打数13安打、二塁打1、三塁打3、本塁打2、打点14、三振1四死球5、犠打3、盗塁4、失策0。
【3年春】
甲子園(1回戦):背番号8。1回戦の聖光学院戦で4番中堅手として出場し、好右腕・佐山未来から4打数2安打、二塁打1をマークする。

【高校通算本塁打】
18本塁打(2年秋の時点)

【その他】
50メートル走6秒2、遠投90メートル

関連記事

  1. 森下瑠大(京都国際)

  2. 佐山未來(聖光学院)

  3. 松浦太河(広島商)

  4. 石川ケニー(明秀日立)

  5. 麻田一誠(和歌山東)

  6. 下川邊隼人(國學院久我山)