百武伸(長崎日大)

高い潜在能力を秘める大型内野手

長崎日大(長崎)
百武 伸(ひゃくたけ しん)
内野手/182センチ80キロ/右投右打
【こんな選手】
鋭いスイングから放たれる猛打球が外野スタンドへガシャーンにちょっとモノが違うぞ。3年春のセンバツ以降、本来の当たりこそ出ていないが、2年秋の公式戦8試合で打率.345を残したように打に安定感が出てくれば、とてつもない打者になれるはず。高い潜在能力が垣間見える守りも見逃せない。

人を動かす高校野球監督の名言 [ 田尻賢誉 ]

【中学時代】
出身チーム:長崎北リトルシニア

【1年秋】
長崎県大会(準優勝):1回戦の鎮西学院戦で三塁打をマーク。
九州大会(ベスト4):1年生ながら4番遊撃手として出場も、初戦で宮崎商に1-8で7回コールド負け。
対戦相手 打 安 二 三 本 点 球 犠
宮崎商    2  0   0   0   0   0  1  0[4・遊]

【2年春】
長崎県大会(3位)
:2回戦の長崎南山戦で二塁打をマーク。

【2年夏】
長崎大会(3回戦)
:4番遊撃手としてフル出場
対戦相手  打 安 本 点 球 犠
壱岐     3  2   0   0   1  0[4・遊]
長崎南    4  1   0   0   0  1[4・遊]

【2年秋】
長崎県大会(準優勝):3回戦の長崎北戦で本塁打、準決勝の諫早農戦で二塁打をマークするなど、長打力を発揮する。
九州大会(ベスト4):5番遊撃手としてフル出場
対戦相手 打 安 二 三 本 点 球 犠
九国大付   2  0   0   0   0   0  1  0[5・遊]
佐賀商    5  1   0   0   0   2  0  0[5・遊]
小林秀峰   4  1   0   0   0   2  0  1[5・遊]

【3年春】
甲子園(1回戦):四球1、死球1で出塁したものの4打数4三振。
対戦相手 打 安 二 三 本 点 球 犠
近江     4  0   0   0   0   0  2  0[6・二]

九州大会(ベスト8):背番号13でベンチ入り。
対戦相手 打 安 二 三 本 点 球 犠
西短大付   3  0   0   0   0   0  0  0[代・二]
沖縄水産 出場せず

【3年夏】
長崎大会(ベスト8)
:2試合で猛打賞、清峰戦では左越えの圧巻弾をマークするなど大暴れも準々決勝で波佐見に敗退する。
対戦相手   打 安 本 点 球 犠
瓊浦      4  3   0   0   0  0[6・二]
清峰      3  1   1   1   1  0[6・二]
波佐見     4  3   0   1   1  0[6・二]

【高校通算本塁打】
10本塁打(2年秋の時点)
【その他】

50メートル走6秒2、遠投95メートル

高校野球甲子園全出場校大事典増補改訂版 [ 森岡浩 ]

関連記事

  1. 松永陽登(日大三島)

  2. 下川邊隼人(國學院久我山)

  3. 松浦太河(広島商)

  4. 大野稼頭央(大島)

  5. 塚本侑弥(有田工)

  6. 甲子園球場

    室井莉空(只見)